プラスチック樹脂の粉砕加工なら、高い要求に高い技術力でお応えできる中部マイクロ化学

沿革

1970

T800(大型機) 1台 T400(小型機) 2台の 3ラインにて生産スタート PE(LDPE,L-LDPE)、EVA 、PVCリサイクル等を粉砕

1971

T800 1台増設

ABS(顆粒状)の受託粉砕開始

1972

T800 1台増設

PEの生産増強

1980

工場移転(名古屋市西区より現、あま市甚目寺へ)

1983

T400 1台増設

静電粉体塗料の受託を開始

(熱硬化性、ポリエステル、アクリル、エポキシ)

フッ素樹脂の粉砕も本格化 *生産量1000トン/年を超える

1987

T800 1台増設 PE(LDPE,L-LDPE,HDPE) EVA PVA POM etc

※生産量3000トン/年を超える

1991

T800 1台増設

※生産量4000トン超えを予測し工程の緩和を図る

1992

T800 2台、粗粉砕機 1台を増設 SBR(アスファルト改質剤)、合成ゴム(EPR NBR)等の生産も加わり年間4500トン〜5000トンを生産

1994

メッシュミル 1台新設

PP、HIPSの生産開始

1996

分級、詰め替えラインを新設。 PPE,SBSの詰め替え作業受託開始

1997

T800 1台増設 、メッシュミル 1台増設

PE各種、PET、POM、etcの増産。6ナイロン、PP HI-PSの増産対応の為

2000

レーザー回折粒度分布測定装置マイクロトラック導入

T800 大型機9台、T400 小型機1台、メッシュミル2台、ディスクミル1台、粗粉砕機1台、合計14台にて年間生産量6,000トン体制に至る

2003

ISO 9001(2000年改訂版)取得

2006

ポリシャー 1台導入、粉砕品の粒形コントロール目的とする

全粉砕機ラインにマグネットボックスを装着

2010

ISO 9001(2008年改訂版)取得

計量器全てをプリンター記録紙付きに変更

2011

粉末画像解析装置マイクロスコープ導入

2017

メッシュミル1台増設

全生産ライン数15系列6,500トン体制に至り、年間生産実績約5,000トン

生産品目としてはPE(LDPE)を主に、6ナイロン,PET,PBT,PS(GP,HI)等、汎用樹脂からエンプラ迄、長年の知識と技術力で多種に渡る粉砕実績

主要用途としてマスターバッチ、ポリマーアロイを含めたコンパウンド

他に、回転成形、ホットメルト等